山形さくらんぼblog

ドイツ車

2010年代の凄いクルマ その1 ”RUF RGT8”

80年代、私がまだS30Zのチューニングに夢中になっていた頃、海外のチューンドカーもとんでもないクルマが多数登場して雑誌を見ながらワクワクしていました。
M/Bではまだ傘下に入る前の過激だったAMGやロリンザー、BMWならALPINAにハルトゲ、フェラーリでは問答無用でケーニッヒなど、ドイツ発のチューンドカーが全盛の頃にポルシェではスイスのリン・スピードや先日殺害されてしまったゲンバラ等がポルシェチューンの新星として頭角を現していました。
当事は所謂”オプティカルチューン”と称されたド派手な外観を持ったチューンド・ポルシェが多い中、一見すると素っ気無い外観ながら只者ではないホンモノ感を漂わせていたのがアロイス・ルフ氏が率いる”RUF”でした。
ターボではない930カレラのボディを少しだけワイドにして製作された”イエローバード”と呼ばれた黄色い930ターボは当事の市販車最速340kmというとてつもない記録を打ち立てました。
イエローバードについては この記事 を見ていただくとして今回は80年代からずーっとホンモノを作り続ける硬派なメーカーとして君臨しているRUFが先日発表した”RGT8”です。

08__2











09














06

















997をベースにしながらもそのエンジンはなんと自社製作のV8!
4.5LのNAで550ps/8500rpmを発揮、それでも純正の3.7Lフラット6よりもエンジン重量は40kg以上軽くなっているとか。
ターボ化を前提として設計されているので1000〜1100ps以上にも耐える程のポテンシャルを持っている。
RUFにはCTRの第3世代のCTR3というモデルが頂点にいますが、ボディ後半を完全に作り変えてミドシップ化されたスペシャルモデルで価格も7500万円オーバー。
それに対してこのRGT8は日本の総輸入元である RTC の発表では(現時点で)2980万円となっています。
ポルシェパノライアと呼ばれる人達はこのRUFというメーカーをどう見ているのか気になる所。
個人的には単なるチューナーではないホンモノだと思っています。

ジュネーブショーにはアロイス・ルフ自らが登場してRGT8について解説しています。


ルフ・オートモーティブGMBH


ポチッとお願いします

ゲンバラ・・・

gemballa1


















1980年代にポルシェをとんでもない外観に改造する、所謂オプティカルテューンと当時呼ばれたアバランシェやチールス等で世界的に一気に有名なチューナーとなった創始者のウーヴェ・ゲンバラ。
外観こそとんでもないデザインでしたが、当時その内装の仕上げではゲンバラの右に出る者はいないと言われるほどのフィニッシュでした。
ちなみにアバランシェとは”雪崩”という意味だそうです。
過去にはゲンバラの記事も書いていましたね⇒ゲンバラの記事

そしてもう知っている方も多いでしょうが、今年の初頭に行方不明との情報が出ていましたが南アフリカで遺体で発見されたようです。
頭を撃たれ、ラップで巻かれた状態での発見(歯型でしか確認出来ていないらしい)なのでかなり悲惨ですが、場所が南アフリカですから見つかっただけでも幸運なのかもしれません。

gemballa


















ゲンバラ社は妻と母親によって破産宣告をして差し押さえられていましたが、新たな出資者によって新生ゲンバラとしてその活動を再開しています。

ゲンバラの失踪自体はチェコのマフィア絡み等と、かなりきな臭い噂が色々と語られているようですが真相はまだ闇の中と言った所でしょうか。
80年代とは違って最近のゲンバラは正統派のチューナー(あのエンツォには正直呆れたが)としての地位も確立していたのでとても残念な結末ですね。




ポチッとお願いします

カルマン社が破産

Karmann Ghia












また嫌なニュースを見てしまった・・・ webCG
ベルトーネといいこのカルマンといい、老舗のカロッツェリアが相次いで破綻、この不況が長引けばこれからも出てくるだろう。
クルマ好きとしては胸が痛いニュースばかり出てきて嫌になるね、何とか再建出来ればいいけど・・・


ポチッとお願いします

ゴルフ

今朝はXantiaのシートを外しにお世話になっている近所の整備工場のヤードに向かうと、、、信号待ちでゴルフ兇私の前から現れました。
『へぇ〜、この辺にも好きな人もいるんだなぁ』
なんて思いながらヤードに行くと、トコトコ歩いてくる人がいる、そこのメカさんだったので『シート外すからトルクス貸して〜』と言うと『分かりました〜』
そしてヤードにMi16を入れるとそこにはさっきのゴルフが!
トルクスを持って戻ってきたメカに『あれに乗ってるんだ!』と言うと『インターネットで探して持ってきたんですよ〜』とニコニコしていました。
聞くとどうやらゴルフ鏡賁臈垢罵名な スピニングガレージ から買ったらしい。

CIMG5746















CIMG5731CIMG5732







CIMG5733CIMG5734







CIMG5737CIMG5738







CIMG5739CIMG5740







CIMG5743CIMG5736







CIMG5744CIMG5745







左LTDでATのGLIでしたが、本人曰く『MTだったら良かったんだけど』との事。
ローダウンもしてあるし、グリルやFスポイラーも変えてある、ライトもHIDにしたそうだ。
『自分でMTにしちゃえばいいじゃん♪』などとしばし談笑しました、私が『ゴルフもこうなるとカッコいいねぇ』と言うと『なかなか分かってくれる人いなくて(苦笑)、輸入車好きな人以外にはウケません』だって(笑)
車高調もあるらしいけど『付けてみたら硬過ぎて・・・戻しちゃいました』
私とはちょっと趣味は違うけど、こういったクルマが好きで乗っている人が近くにいるのは正直嬉しい(^^)

そうそう、Xantiaのシートは無事に外れました、え、何に付けるのかって?
それはねぇ、実家のユンボ(核爆)
ユンボのシートがボロボロでお尻が痛くてしょうがないと義父が言っていたのでそれならと付けてあげる事にしました。
フラ車のパワーシート付きのユンボなんて日本中探したって無いと思うな(笑)
きっと快適に仕事が出来るでしょう、明日は取り付けなくっちゃなぁ。


ポチッとお願いします

ポルシェ パナメーラ

パナメーラ












パナメーラ


















ポルシェAGは9月15日、全世界一斉に新型『パナメーラ』のティーザーキャンペーンを開始した。新型はポルシェ初の4ドアスポーツクーペ。正式デビューは2009年の予定だ。

ポルシェが公開したのは、フロントノーズの一部が見える写真のみ。

ポルシェジャパン


ポルシェがティーザーキャンペーンなんて意外だけど、4ドアスポーツってのが面白い。
どうやらクーペっぽいデザインになるみたいだけど、ポルシェユーザーがどこまで食指を動かしてくれるか興味深いところだね。
個人的にはSUVのカイエンがあるんだから別にいらない様な気もするんだけど(笑)

そして驚いたのがコレ↓

新車が165万引き・・・


































いくら新型C5が入庫するからって165万引きは凄まじい・・・
投売りなんてレベルじゃない(苦笑)
でもコレ買う人は超お買い得だねっ!ってフォローになってないか?(爆)


ポチッとお願いします

イタリアはメルセデス天国!?

メルセデス・ベンツ・センター・ミラノ











メルセデス・ベンツ・センター・ミラノ2











メルセデス・ベンツ・センター・ミラノ3













メルセデス・ベンツ・センター・ミラノ4













イタリアで「メルセデス・ベンツ」が売れている。
とくに昨2007年に投入された新型「Cクラス」は好調で、今年2008年2月の登録台数をみると、セダン、ワゴンを合わせて2096台も売れている。同月に「アルファ159」の実績が1501台であったといえば、好調ぶりがおわかり頂けるだろう。

もっと驚くべき数字がある。メルセデス・ベンツ・イタリアによれば、昨2007年イタリアでは11万5886台の「メルセデス」と「スマート」が販売された。これは過去最高の数字で、両ブランド合わせた輸出国としては世界第2位という。
そうしたメルセデス大国イタリアに相応しい巨大ショールームがミラノに誕生した。2008年1月に完成した「メルセデス・ベンツ・センター(以下MBC)ミラノ」である。

イタリア最大のメルセデス・ディーラーであるメルセデス・ベンツ・ミラノによって、2005年から2年半がかりで建設が進められていたものだ。敷地面積は6万6千平方メートルで、なんと南ヨーロッパ地域では最大のメルセデス販売・サービス拠点。


イタリアでM・Bがそんなに強いなんて知らなかった。
メルセデスは本当に凄いメーカーだね、クルマとして面白いかどうかはともかく、デザインの国イタリアでこれほど強いのは何故なんだろう?
極端な話し、日本でク○ウンよりCクラスの方が売れているのと同じなんだから恐れいるよね。
日本は小さな島国だけど、イタリアの国土だって結構狭い、下手すりゃ日本より国土は狭いかもしれない(違うかもだけど)
結局の所、イタリアだろうが日本だろうがメルセデスのブランドは揺るぎないものがあるんだろうねぇ。


ポチッとお願いします

livedoor プロフィール
最新コメント
過去記事
ランキング
mailはこちらから
  • ライブドアブログ