山形さくらんぼblog

モデルカー

愛しのFerrari 250 GTO

私が大好きなフェラーリ250GTO、現在も少しづつコレクションを増やしていますが今回購入したのはイタリアのJolly Model製です。
実車の250GTOを見る事が出来たフェラーリ美術館も閉館してしまい、おまけに所有していたGTOも既に手放していて国内にGTOは存在していないと言われていますのでモデルカーで楽しむしかないんです。

CIMG6159










CIMG6160










CIMG6161












CIMG6163












CIMG6162












私は偶然ですが赤いモデルしか持っていなかったのですが今回はグリーンのモデルです。
Jolly Modelはその造形がちょっと独特で真横から見た時のフロントノーズが実車に比べて低い造形にしていたりルーフからリヤエンドまでのラインが少しおかしかったりします。
個人的にはJolly Modelの造形はモデルカーとしては味があって好きなので色違いやゼッケン違いの250GTOは何台でも欲しい。
BBR等の高価格帯のモデルもその緻密な作りで大好きですが、この手のモデルカーではその造形を実車同様に作ったり塗装がちょっとでも厚いと妙にボテッと見えてしまう為に、各メーカー毎に若干のデフォルメを加えて造形するのが特徴でそれが各メーカーの個性でもあります、つまり実車をスケールダウンしただけではダメなんですね。
モデルカーのコレクションをする人はそういったメーカー毎の個性を楽しんでいる内に気がつくと結構な数になってしまった人が多いのではないでしょうか。
私もフェラーリ、しかもF1以外に限定してコレクションしていますが、置き場所の関係もありこれからはモデルをもっと絞ってコレクションしようと考えています。
そのモデルは私の思い入れが特に強い250GTOとF40&一部の旧いAlfa Romeoで、250GTOとF40は今後何台増えてもかまわない。
今考えているのはショップなどで使われている横長で照明付きのガラスのショーケースの購入で、そいつを寝室に置いて250GTO&F40のコレクションを見てニヤけようというオタク度全開の計画ですが、こればかりは好きなので止められません(笑)

CIMG6158











徐々に増えてきた250GTO、モデルカーも色々なメーカーからかなりの数がリリースされているので買い足していく楽しみはまだまだ続きそうです。

Jolly Model


ポチッとお願いします

Spark Alfa Romeo Junior Z 1300 "1970"

久しぶりのモデルカーネタ、今回はスパークのアルファロメオ ジュニアZ1300です。
スパークといえば前に Alfa Romeo 164 V10 Pro Car  で紹介しましたが、そのラインナップはなかなかマニアックなモデルを作るメーカーです。

CIMG0331









CIMG0333










CIMG0334









CIMG0337











CIMG0336











CIMG0332












CIMG0335













CIMG0339














私が大好きなジュニアZ、先日ヤフオクを見ていたら偶然見つけて即買いしました。
私が所属させてもらっているアルファ164オーナーズクラブのメンバーTさんが極上と言っても差し支えない程程度のいい白い1600Zを所有しており、クラブランで実車を見た時のあまりのカッコ良さに一発でやられてしまいました。

DSC_8295















写真と見比べてみると少々粗い感じはしますが、ジュニアZの特徴はそれなりに再現されているのとこのモデルカーも白だったのが私には刺さりました(笑)
私はフェラーリのモデルカーばかりを集めているのでアルファロメオのモデルカーには疎いのですが、ちょっと調べてみるとジュニアZのモデルカーは現在ではなかなか見つける事が出来ないようですので今回の即買いは正解だったのかな?
そして購入した人が出品しているモデルカーの数は凄まじく、個人と書いていますがとても個人レベルとは思えない品揃えで250GTO等のモデルカーもありコレは!と思うモノも多数あるのですが価格がどれもこれもかなり安いんです^^
しばらくは色々チェックしてちょこちょこ購入となりそうです(^^;


ポチッとお願いします

抜けられないミニチュアカー

個人的にフェラーリのF1以外のミニチュアカーを集めているのですが、その数は徐々に増えていき、ここまできたら照明付のガラスのショーケースの購入を真剣に考え始めるまでになってきました(^^;

2011030100120000















それほど好きな訳ではないのに何故か多いマラネロ、、、
でもレーシングカーになるととんでもなくカッコ良くなるよね。
599&612も見えます。

2011030100130000














二段目はGTOGTOGTO(笑)
右奥2台は64GTOが2台、62GTOは4台、手前には288GTO&F40の先行開発モデルのGTO EVO。
ここは私の宝物ですね。

2011030100130002














次は612、456GT&456M、599、275GTBも2台、400iとスーパーアメリカ。
個人的には優雅な456と275GTBが好きです。

2011030100140000














そして365&P4が混ざっていますが、V8モデルのモンディアル2台、348も2台、355は3台あります。
カリフォルニアもありますがこのクルマ、正直まったく興味がないんですよね(笑)
348と355のスパイダーが欲しいのですが買い逃してしまっています。

2011030100140001














FXX&FXX ENZO2台、F50も2台、288GTO、P4も2台。
P4と288GTOも大好きなフェラーリです。

2011030100140002














そして言わずと知れたF40、ずらっと9台、これからもF40は増えると思います(爆)
ENZOはこのF40の発表を見届けてから天に召されました。

2011030100140003














これも別に好きではないのに何故か増えた360モデナ&F430。

2011030100150000














そして旧いレーシングカーですがこの頃のデザインていいよねぇ。

2011030100150001














エレガントなロードカー、オープンでもクーペでも素敵だと思う、左には珍しいパトカーもありますね。

2011030100150002














250GT SWBにDINO、333SP、365GTB/4、テスタロッサ、308に328、どれも大好きなモデル、上に458イタリアもありますが最近のフェラーリでは一番好き。

2011030100160000














































上から250LMが3台、250テスタロッサが2台、TR61とデザインが一新された250TR、166MMも2台、340MM、250Pと大好きなレーシングカーを集めてみました。

それでもケースに収まらずにしまってあるモデルもありますから困ったものです。
それにしてもミニチュアカーの世界は一度ハマッてしまうと泥沼なんですよね。
終わりが見えないし珍しいモデルなんかを見つけるととにかく手に入れたくなってしまう、モデルカーの価格も正にピンキリなので数千円〜数万円まで様々。
観賞用だからといって直射日光が当たる所には絶対に置けないなど気を使うんです。
モデルカーの記事も途絶えてしまっていますが、機会をみてまた1台づつ紹介していきたいと思います。


ポチッとお願いします

嘘だろ・・・フェラーリ・コレクション

長らくブログを放置してはいたものの、しっかり Ferrari Collection は購入していて近い内に一気にUPしようと思っていました。
50号までの予定が80号まで延長になり、コレクションケースがヤバイ事になってはいたもののあと2台で終了なので何とか収まるなと安心していたら・・・

Book1_31907_image002
























何ですかコレ!

80〜105号まで延長だと・・・
F1には手を出していないとはいえ、25台も増えるんじゃ間違いなくあと15台以上は買わなきゃいけない?事になるじゃあ〜りませんか!?
既に持っていたモデルは無視するとしてもどんなラインナップになるか判らないし、持っているモデルでも色違いなんかがあればまず買ってしまう・・・(^^;
きっと458イタリアなんかも出るんだろうな、個人的にはF50 GTやミトスは持っていないので是非出して欲しい!
でもここまできたら(無理なのはわかるが)ケーニッヒやゲンバラも出しちゃえばいいのにとムチャな考えまで起きてきたゾ(笑)

それにしても・・・う〜ん、、、困った・・・(^^;



ポチッとお願いします

Ferrari Collection NO.49・50・51・52・53・54・55

Ferrari CollectionのNO.49・50・51・52・53・54・55を買いました。
このシリーズは50号までの予定が80号まで延長されるという悪夢の様な展開になってしまった(^^;
だんだん面倒になってきたので箱のままほったらかしにしていたのですが、さすがに溜まり過ぎなので一気に紹介しましょう、まずはNO.49から。
CIMG7110



















CIMG7111CIMG7112









612スカリエッティ、Fエンジン2+2の豪華なクーペですが、私は前モデルの456GTの方が好きです、正直612は形が・・・

CIMG7107



















CIMG7108CIMG7109









365GTC/4、あまり取り上げられないクルマなんだけど、なかなかカッコいいと私は思います。

CIMG7104



















CIMG7105CIMG7106









612CAN NAM、実はよく知らない・・・(^^;
330P4と同じ流れのデザインですね。

CIMG7116



















CIMG7117CIMG7118









365GT4 2+2、400i〜412までのモデルですが、こんなモデルをさりげなく乗ってる人はとってもカッコ良さそうな感じ。

CIMG7113



















CIMG7114CIMG7115









599GTB FIORANO ”Panamerican Tour”、ちなみに599GTB FIORANOは日本では599としか表記されていませんが、GTBはスバル、FIORANOはグッドイヤーのモデル名である事から599とだけ表記されています。

CIMG7098



















CIMG7099CIMG7100









550 MARANELLO、F512Mを最後に365BBから始まったそれまでのミドシップ12気筒からFエンジンに変更になった最初のモデル(とはいえ、365GTB/4 ”デイトナ”まではFエンジンだったので戻っただけ)となりましたが、550登場時は512TRやF512Mの中古相場が一気に2〜300万円上がるといった現象も見られました。

CIMG7101



















CIMG7102CIMG7103









312PB、実はまったく知りませんでした(^^;
この一連の流れがあの名車333SPに繋がっているんでしょうね。

それにしてもコレクションケースがヤバい事になってきました(苦笑)


ポチッとお願いします

Ferrari Collection NO.48

Ferrari CollectionのNO.48を買いました。

IMGA0725











IMGA0726IMGA0727





IMGA0728IMGA0729





IMGA0730IMGA0731





250シリーズは種類がありすぎて私も良く分からないんです(^^;
個人的には250GTOとルッソが一番好きなんですけどね。


ポチッとお願いします
livedoor プロフィール
最新コメント
過去記事
ランキング
mailはこちらから
  • ライブドアブログ