山形さくらんぼblog

クルマ

サーブが経営破たん

wgn443-img600x445-1230378590xv8o6i76268















経営危機にあるアメリカ自動車大手ゼネラル・モーターズの傘下にある、スウェーデンの自動車メーカー、サーブは20日、販売不振と資金繰りが原因で会社更生手続きの申請を行うと発表し、事実上経営破たんしました。

サーブは経営危機にあるゼネラル・モーターズの完全子会社で、ゼネラル・モーターズグループの企業が破たんするのは初めてのことです。

ゼネラル・モーターズは、サーブの売却を模索してきたほか、スウェーデン政府にサーブに対するおよそ540億円の公的資金による支援を求めていましたが、スウェーデン政府がこれを拒否したため、資金繰りのめどが立たなくなりました。

イギリスメディアによりますと、サーブは2008年の通年決算でおよそ30億スウェーデンクローナ、日本円でおよそ320億円の損失を計上、販売台数も前の年に比べて25%減となっていました。

サーブは今後、政府と民間から資金を調達し、3か月以内に再建手続きを完了したい考えで、ゼネラルモーターズから分離し、独立したメ−カーとして復活を目指すことになります。


なんてニュースを見ました。
ついにサーブが破綻ですか・・・
サーブは私の好みとは少し違うので購入候補には入っていませんが、バブル期に一度900ターボを買いかけた事があります。
即座にメーカーが無くなる事はないみたいですが、現在のオーナーやYANASEは心配しているでしょうね。
クルマ好きとしては何とか経営を立て直して復活して欲しいと思うばかりです。


ポチッとお願いします

個人的なスポーツカーの定義

Ferrari 250 TR















過去に この記事 でもキャブレターについて書いていますが、あくまでも個人的なスポーツカーの定義は『キャブレターである事』『(出来れば)6気筒以上である事』の二つです。
今さらキャブ?と思うかもしれませんが、極端な話し、キーを回せばエンジンが掛るクルマは私には本当のスポーツカーではありません。
季節毎にセッティングしなければ調子を保てなかったり、標高の高い所に行くには途中で何度もジェットの交換をしないと走らなかったりと少々面倒、おまけに慣れないとエンジンを掛ける事すら難しかったりするキャブ車ですが、だからこそアクセルの踏み方にもコツがありクルマ(エンジン)と対話しながら乗りこなす楽しみがあります。
キャブレターにも色々な種類がありますが、私が慣れ親しんでいるウェーバーで今回は進めます。

各ジェット価格











上記リストのようにキャブレターは様々なジェットを使ってセッティングするのですが、これがなかなか難しい。
ウェーバーキャブレターマニュアル

セッティングの際には各キャブレターの流量を一定にしてからセッティングに入るのですが、それにはシンクロテスターが無いときちんとしたセッティングは出来ません。

シンクロテスターシンクロテスター







シンクロテスター







エンジンが温まった状態でキャブレターに挿して空気の流量をチェックします、この目盛りが3なら3、5なら5となるように各キャブレターを調整しながらシンクロさせていくのですが、これはアイドリング、2000回転、3000回転等ですべてのキャブが同じ数値にさせるのが慣れないと本当に大変で、2台続けてS30Zのメカチューンに乗っていた私も最初の頃はセッティングには2日も3日も掛けて(掛って?)セッティングしていました。
その作業が済んだらこんどはジェットを変えながらセッティングを出していきます。
そういえば当時のL型エンジンにはSUのツインキャブが付いていましたが、SUは調子を崩すと最悪で、ウェーバーのセッティングよりタチが悪かった記憶があります。

事実上インジェクション車しか生産されていない現在は、マフラーによって”音”が演出されていますが、本来はエンジンやキャブレターの吸気音の織りなすメカニカルサウンドが良い音とされていたはずで、フェラーリサウンドと呼ばれる音も元々はエンジンそのものの音からきています。

L型エンジンでもキャブのセッティングが決まっていればそれはもう素晴らしい音がします、それはアクセルの踏み加減で刻々と変化し、高回転ではばっちり組まれたL型エンジンならそれこそシンフォニーとなります。
その感覚はキャブレター車ならではで、インジェクションでは絶対に味わう事は出来ません。

私が本当の趣味クルマを持つとしたら絶対キャブ車を選ぶのはそれが理由で、ALFAROMEOだってジュリア等高値で取引されているクルマはそのスタイルもさることながら、キャブレターならではのエンジンフィールが高く評価されているからだと思います。

最後にフェラーリ250GTO&365GTB/4の素晴らしいキャブレターサウンドをお楽しみください(笑)





ああ、欲しい・・・


ポチッとお願いします

雪が凄いです 2

今日は土曜日、外は晴れていますが夜はたっぷり雪が降る、毎日こんな感じです。

CIMG5305















CIMG5306















CIMG5307















毎日のように除雪に来ますが、夜になるとこの通り(苦笑)

CIMG5310















朝はこの有様で、20cmどころではありません。
この一週間で1m以上は降りましたね(^^;
家の除雪も来た事だし、ついでにZX Breakのガソリンを入れにGSに向かう(405は年末から50kmも乗っていないから満タンのままだ)



CIMG5311















帰宅すると除雪も終わっていて405の雪も溶けていた。
でも夜になると最初の写真みたいになる、その繰り返しなんだよねぇ・・・
でもこの天気はスキーをやる人にはいいかもね。


ポチッとお願いします

雪が凄いです

年末まではそれほど降らなかった雪ですが、このところの寒波の連続ですっかりいつもの冬の景色になってしまいました(苦笑)
まぁ、雪国に雪が降らないのは異常なのでこれが正しい姿なのかもしれませんが。

CIMG5294















CIMG5295CIMG5296







CIMG5298CIMG5300







CIMG5301CIMG5302







この数日は毎朝こんな有様で、朝はクルマの雪下ろしから始まります。
私はクルマの形が分からないのが嫌なのでキレイに雪を払いますが、ここまで雪を払う人は少なく、ガラス近辺だけを払って雪だるま状態で乗っている人が多いですね(笑)
毎年この時期にはガラスの雪を溶かす為に暖気が長くなるのが普通なので異様に燃費が悪くなってしまうのですが、現在はガソリンもハイオクで107円と非常に安くなっているので助かります、リッター200円近かった時期と雪の時期が重なっていたらそれこそ家計に大打撃だったでしょうね。
家では常に暖房も使うので灯油代だって馬鹿になりませんからね。



それにしても私の住む地域の製造業は本当に悲惨な状況で、ある工場では1月はすべて休業している(2月の予定も分からない)所や、印刷機では超大手の所も既に3勤4休になっていたり、ウチからほんの200mの所に昨年出来たばかりの工場では操業自体が完全に不定期になっていたりと、周りを見ていると本当に『これはバブル崩壊後どころじゃないな』と実感します。
ピンチはチャンスでもあると言いますが、輸出がメインの製造業ではチャンスなどある訳もなく大ピンチ以外の何物でもない。
急速な景気悪化は戻る時のリバウンドも大きいと言いますが、そこまで持ちこたえられない小さい企業も相当数出てくるでしょうね。
季節はあと数ヶ月で春ですが、経済の春はいつ来るのでしょうねぇ(苦笑)


ポチッとお願いします

クルマの進歩と人の進歩

私は山形県に住んでいます、当然雪が降りますし、私の住む地域ではかなりの雪が降ります。
雪の降らないC県F市育ちの私にはこの雪が一番の曲者でした。
当然スタッドレスが無いとクルマには乗れないので山形で初めてスタッドレスを買い、最初は恐る恐る乗る事になるのですが、13年も住んでいると雪道自体には慣れます。
雪国のドライバーは雪道での運転が上手いイメージがあったのですが、それは大きな間違いで、毎年のように大きな事故が起こっています。
中でも四駆の事故が多いのも特徴で、駆動力に優れる四輪駆動車は”動く”事には強いのですが、止まらない曲がらないは駆動方式とは関係ない事を分かっていないドライバーが非常に多く、結果として四駆を過信しているドライバーが事故を起こしやすいのです。

ABS















90年代頃からは一般のクルマにもABSが普及してABSはクルマには当然の装備となりました。
そして更に制御は進み、”トラクションコントロール”や”スタビリティコントロール”も登場します。
この手の制御はごく一般的なドライバーにはとてもいい制御で、突発的な危険回避の時には大きな武器となります。
ですがここでもABSが付いているから、等とその制御を過信しているドライバーもいたりしてその制御も長所と短所が同居してしまう場合があります。
今やクルマありとあらゆる電子制御のカタマリで、クルマは電気で動いていると言っても過言ではないでしょう。
でもクルマはクルマ、操作自体は人が行っているのですから、間違った使い方をすれば手痛いしっぺ返しが来ます、それはどんな電子制御を持ってしても絶対安全とはなりません。

ZX  Break & Mi16















クルマの進歩は制御の進歩と言ってもいいくらい今のクルマは電子制御によって動いています。
その進歩に人が付いていっていないのが実情なのですが、生活の道具として、または趣味の世界を楽しむツールとして、クルマは日々進歩していくのでしょう。

今や世界的な不況でクルマは売れず(世界的に人口が減少傾向にある以上、これは至極当然の結果だと思うし際限なく売れると思う方が間違っている)、派遣切りや内定取り消し、そして消費は冷え込む一方、政治は迷走等の暗いニュースばかりですが、結局のところ【最後は人】なのではないでしょうか?
企業が悪い?、世の中が悪い?、政治が悪い?、すべては自己責任?そんな単純な問題ではないでしょうし、責任転嫁ばかりしていても何も変わりません。
これからは企業の在り方や個人単位での働き方、そして全治5年とも言われている今回の不況から何を学び、何を教訓にするか、人も少しは進歩しろ!と問われているような気がしてなりません。


ポチッとお願いします

知っておきたい豆知識?

私の好きなフランス・イタリア車。
長く乗っているオーナーにとっては常識でも、これから買おうとしているオーナー予備軍や新米オーナーには知らない事が沢山ありますね。
今日はそんなちょっとした豆知識程度の事を書いてみましょう。

例えばエンジンを掛けるにはどうしますか?
もちろんキーを回してエンジンを掛けるのですが、それだけでは正解とは言えません。

【画像はクリックで拡大します】

CIMG5251















キーをONにすると各種警告灯がすべて点灯しますが、この状態でスターターを回してはいけません。

CIMG5252















数秒待つと消灯する警告灯があるのですが、この消灯を確認してからスターターを回してエンジンを掛けるのが正解です。
これはONにした直後に各部のチェック機能が働いているのが理由で、旧い輸入車の中にはこのチェックが終わらない内にスターターを回してしまった為にECUがパンクしてしまった事例も実際にある為、消灯を待ってからスターターを回すのが正しい方法なのです。
とはいえ、そんな事例は滅多にないのですが、万が一でも自分のクルマでそんなトラブルがあったらお金だって掛かるし嫌でしょ?一応覚えておいた方がいいですよ。

そして雪国前提ですが、雪の時期の冷え込んだ朝にはドアが凍ってしまって開かない事があります。

CIMG5253CIMG5255







CIMG5256CIMG5257







CIMG5258















そこでそんなくだらないトラブル?を無くすにはドアの開口部にある”ウェザーストリップ”(ゴムね)にアーマオール等のレザーワックスを冬の前に塗っておくと効果的で、これをしておくとドアが凍って張り付いたりしません。
これはスキーなどのウインタースポーツ好きなら雪国以外の人でも有効ですね。
同様にキー穴やドアのキャッチ部分には解氷スプレーを吹き付けておくと凍結防止になりますので自宅&クルマに常備しておくと便利ですよ、ちなみにクルマだけでなく自宅にも一本置いておかないと、凍りついたクルマからでは取り出せないのでクルマだけでは不十分です。
でも何をやってもそこはフランス車、ドアロックを掛けていると冷え込んだ朝には超高確率でロックの作動不良を起こして開きませんので、ウチの2台は冬場にはカギを掛けません(笑)

そして前回写真を撮り忘れたオイルレベルゲージ、PSA全車に該当するので紹介しておきます。

CIMG5247CIMG5248







左が405、右がZXです。
405のゲージの下側に亀裂が入っています、これはそのうちこの部分はボロボロになって無くなってしまうので交換が必要な合図として覚えておきましょう。
ちなみにボロボロになった部分はすべてオイルパンに落ちてしまいますよ(苦笑)
安い部品だしこんなモノはボロくなったらバンバン交換しちゃいましょう。

ZXよりも更に旧い405では本国でも既に欠品扱いになっている部品も多数存在します。
機関部品はまだまだ大丈夫ですが、外板部品は壊滅的状態なので、それがたとえ軽微でも事故=廃車の危機に直面してしまいます。

CIMG5242CIMG5243







CIMG5244CIMG5246







例えば飛び石などでFガラスが割れてしまったとします、普通は交換すれば済みますよね、でも405の場合はそう簡単ではありません、ガラスのモール(メッキ部分)がなんと欠品なのです、普通はガラスと一緒に交換なのですが、相当丁寧に外して無理矢理再使用するかワンオフで作るかのどちらかしかありません。
リヤのアンテナ部分の黒いプラスティックのカバー、こいつも欠品なので割れてしまったらコーキングなどで防水するしかありません、私のMi16は無傷なのですがこれは奇跡です(笑)
ワイパーと一体になっているウォッシャーノズルを止めているクリップも必ず飛びます(笑)
でもこんなものはタイラップで留めてしまいましょう、数年は持ちますし、切れたら新しいタイラップを付ければいい。

CIMG5245















このように旧い輸入車では欠品やトラブル?が多発しますが、ちょっと知っていればどうって事ない事も多々ありますので、ショップやネットで調べておくとイザという時に慌てないで済む事が多いです。
それにトラブルや修理代にビビっていたらとてもじゃないけど旧い輸入車を維持する事など出来ませんし、もちろん楽しく乗る事も出来ないでしょう。
それでももし維持する事が難しくなってしまったとしたら・・・
それは自分の身の丈に合っていないクルマを買ってしまったと思って潔く諦めましょう(笑)

おまけ
CITROËN ZX Breakのプロモです。







更に(笑)
CITROËN ZXの小粋なプロモです。




ポチッとお願いします

livedoor プロフィール
最新コメント
過去記事
ランキング
mailはこちらから
  • ライブドアブログ