山形さくらんぼblog

Peugeot 405 mi16

来週はクラブラン♪

DSC_8373

















164_084

















今度の日曜日は楽しみにしていたアルファ164オーナーズクラブのクラブラン、年に一度のイベントなので4年前に入会してからこれだけは欠かさずに参加しています。
友人の×竹はこの4年で○×○×と二回しか参加していませんがPeugeot 405 mi16での参加は今年が最後なので私は一人でも逝きます!
それにしても『一人じゃ大変だから絶対来いよ』とあれだけ言っておいたのに今年も行けないとはなんて薄情者だ・・・
あいつをどうやってイジメてやろうか考え中(笑)

今年度は子ども会の役員だから行事のオンパレードで非常に忙しいのですがクラブランと重ならなかったので助かりました。
船橋にいた時から信州は大好きでよく行っていたのでクラブランの舞台が信州なのはとっても嬉しい。
当日は晴れるといいな♪


ポチッとお願いします

裏磐梯へ

約1年ぶりに 西吾妻スカイバレー 経由で裏磐梯へ。
今回は明け方ではなく日中のドライブ、×竹を誘って出発。
自宅からスカイバレー入り口直前の 白布温泉 でステアリングを×竹に預けて私は助手席、運転席に比べてシートのヘタリが少ないので座り心地は上々、さっそく天気のいいスカイバレーを上り始める。



天気のいい日曜日だけあって普段はあまりクルマがいないスカイバレーもファミリードライブのクルマがいてペースは上げられず、いや、ノロノロに近いペースでダラダラとスカイバレーを上って行くが、×竹も久しぶりの405 mi16&LHDでまったくと言っていい程乗れていないのでかえってよかったのかもしれない(笑)



普段なら下りは私が担当するが、今日はなんか面倒になってそのまま下りも×竹に任せてしまった。
9月5日に福島県側のスカイバレーで ヒルクライム大会 があるらしく、それなりの台数が練習で走っていましたが、下りはともかく、上りはキツイだろうなぁ、私は絶対無理です(^^;



そして帰りは 道の駅裏磐梯 で運転を交代して喜多方経由で帰る事にしました、途中で野生のカモシカ?にも出会いちょっとビックリ!
裏磐梯の気温は25℃程度でこれからは過ごしやすくて旧いクルマのツーリングイベント等にはいいシーズンになってきてました。
天気のいい裏磐梯はとても気持ちがいいのでドライブにもお勧めですよ。



山形県米沢市と喜多方を結ぶ R121(通称 大峠) から米沢方面へ。
ここは峠と名前が付いていますが、道路は整備されて直線も多くて峠と言うよりバイパスの様な感じでとても走り易い(冬は豪雪地帯ですが)道路です。
喜多方側にちょっとしたバイパス道路が9月に開通するので更に走りやすくなるでしょうね。
米沢市に入った所から田園地帯を通って帰ってきましたが、×竹はその道を知らなかったらしくてしきりに感心していました(笑)
今日も会社に行くつもりだった所を呼び出して連れていったのですが、最近の激務続きのストレス解消にはなったと思います(帰ってから会社には行ったみたいだけど)
外気温がどうでも405 mi16のA/Cは激冷えなので快適なドライブが出来ました、この年代のPeugeotのA/Cが未整備なのに壊れていないのはほとんど奇跡ですね(笑)

帰宅後に実家の機械の部品修理を友人に頼んでいたので大輔とひとっ走りして本日は終了、週末なんてアッという間に終わっちゃうね(^^;
その友人宅から帰宅するとメールが入り『コレをブログで使って』と送られてきたのがこの写真。

100413_2046~02100413_2046~02
















100502_1641~01100502_1641~01
















ちょっと大人になってきた”な〜”ちゃん、かわいいけどちょっとおてんばな女の子。
大輔はこの”な〜”が大好きでついて来たんだけど会えずじまいでちょっと残念そうでした。


ポチッとお願いします

早朝ちょい乗りワインディング


8/1の朝6:00から某コースにでかけました。
前回は土砂降りになってしまいとても走れる状態ではなかったので実質的には今年初の某コース。
距離は短いけど一山超える感じのコースで、コーナーもバラエティに富んでいるので練習するにはもってこいのコースです。
おまけにスカイバレー同様、早朝なら対向車もほとんどいないので比較的安全なコースといえますが、ほぼブラインドコーナーばかりなのと対向車がいるとそのコーナーレイアウトからかセンターラインを割ってくるクルマが大多数!なので常に何があっても避けられる様に注意しながら走る必要があります。



久しぶりにドライで走ってみるとやっぱりこのコースは楽しい、特に下りは往路・復路共に痛快で往路の下りでは1☆0km程度は出てしまうし、復路では複合コーナーの連続で楽しい。
ただ、405 mi16では気温の上がらない時間帯に走っていても油温がかなり上がってしまうので気をつけないとエンジンを壊してしまう可能性があります、こうなるとオイルクーラーが欲しいくらいだ。
普通は18年落ちのクルマなどはこんな走り方をせずにもっと大切に乗るべきなんだろうが、私はクルマの寿命が短くなってでも思いっきり走らせて楽しむ事にしている。
だいたい、この年代のPeugeot 405 mi16なんて絶滅寸前なのに、これだけ旧いクルマが今でもワインディングをレブリミットまでガンガン回して走れるなんてそれだけで痛快じゃない?
個人的には+50ps=200psくらいあるともう最高なんだけど(笑)
あと10歳若かったら本気でNAのままチューニングしていたかもしれない(実は今でもしたいけど)




それでも来年には時期FXに変わっていると思うので405 mi16を足にするのもあと1年、9月にはALFA164 O/Cのクラブランがあるけど今年は子ども会の役員なので行けるかちょっと微妙になってきた・・・
405 mi16で参加出来るクラブランは今年が最後になりそうなので何とか参加したいんだけど・・・(そんな事言いながらCitroen ZX Breakで行く可能性大!)

CIMG7906






















ポチッとお願いします

たまにはクルマ弄り

この半年以上、Peugeot 405 mi16は完全に乗りっぱなしで何もしていなかったせいか、エンジンルームから盛大にガラガラと異音が出るようになっていました(^^;
このままでは精神衛生上も良くないし、何よりみっともないのでチェックしてみる事にした。
ボンネットを開けて音源を探ると回転に同調しているのと同時にA/Cスイッチを入れると異音の音色が変わるので『これはコンプレッサーのプーリーかな?』と思い、とりあえずRFのタイヤを外して更にフェンダー内のカバーを外す事で各プーリーにアクセス出来ます。

CIMG7891

CIMG7892




















エンジンを掛けて確認するとやはりプーリーからの異音で間違いないようですがコンプレッサーではないみたい、順番にスプレーグリスを吹くと下の画像のプーリーが音源だったらしく一瞬で異音は止まりました、その近くにはエアホーンが付いていますが、純正のエアホーンは2年持たずに音が出なくなってしまったので前回の車検時に(エアホーン好きの私は)faimmのエアホーンに交換していましたが現在でもちゃんと鳴っていますのでfaimmに替えて正解でした、ですが交換はちょっと面倒です。

CIMG7894CIMG7893

さすがにPeugeot 405 mi16も18年落ちともなるとボディの下周りは結構腐ってきています、雪国ですから融雪剤も悪影響があるんでしょうね、ボディの防錆処理をしている友人のクルマの下周りはまったく錆びていないので(特に)雪国の人は防錆処理をやっておいた方が後々いいと思います。

CIMG7895CIMG7896

ついでに毎年雪が降ると千切れてしまう油温計の端子を付けました、これもこの冬には千切れるんでしょうが(笑)

CIMG7897CIMG7900


CIMG7899CIMG7898

ついでにステアリングのラックブーツ&ドライブシャフトブーツもチェックしましたが問題なし、逆にスタビリンク等のブッシュは完全にひび割れて樹脂化していますね、うん、見なかった事にしよう(^^;

も一つついでにタイヤの前後を入れ替えます、やっぱりFのタイヤはRに比べると倍くらい減っています。
RE11に替えてからはあまり峠には出撃していないのにこの磨耗・・・POTENZAは減りが早いね、RE01Rと同様に10000kmくらいで寿命だろう。

CIMG7902CIMG7903

左がF、右がR、減りの違いが分かるかな?

後は冷却水やオイル量のチェックをして本日は終了(だって暑くて・・・)

あとはちょい乗りの撮影をして帰宅、明日は先週同様に子ども会行事で1日外出、また疲れちゃうなぁ(^^;

 


おまけ動画は先日、今年初の某コースに出かけた途端に土砂降りになってしまった動画です(笑)



ポチッとお願いします

クルマの冬支度

先日の”朝箱”から帰ってくると、山形は雨続きで気温も低くて寒い日が続いていましたが、昨日の午前中は久しぶりに晴れていたので(午後は雨・・・)私のPeugeot 405 mi16と嫁のCitroen ZX Breakのタイヤをスタッドレスに交換しました。
まだ雪は降っていないんだけど、降ってから2台分の交換をするのが嫌なので早めの交換です。
まずは自宅からPeugeot 405 mi16の純正ホイールに着けてあるスタッドレスをトランクに積みますが、工具満載でトランクの前半分は常にいっぱいの状態でも後ろ側だけでタイヤを4本余裕で積めるのが405 mi16のいい所、トランクスペースの確保の為にリヤのショックを45度も寝かせているのはダテじゃない、基本的にケチなフランス設計の美点ですね。

CIMG7209



















嫁の実家に到着してさっそくタイヤ交換開始。

CIMG7210CIMG7211









チョイチョイと交換。

CIMG7213CIMG7214









交換後は空気圧をチェックして適性値に合わせて、最後に”ホイールだけ”洗って完了、こういった道具がすべて揃っているので実家は便利です。
あとは実家下のクルマ3台は入る倉庫にホイールをしまって終了。

CIMG7215



















CIMG7216



















ZX Breakも同様に交換しました、これで冬支度OK!
今日からはZX Breakの後ろに移っている重機運搬用の積載車の傷んでしまった床の全面張替えに着手しましたが、今日は寒くて寒くて嫌になっちゃいました(^^;


ポチッとお願いします

夏の終わりとMi16

CIMG0072



















山形でも日中はまだまだ暑いですが、朝晩はかなり涼しくなってきました、これで熱中症ともおさらばできそうです。

さて、私のPEUGEOT 405 mi16ですが、散々迷いましたが車検に出しました、購入から丸6年と私にしては異常に長い所有期間ですが、大好きな405 mi16ですがあと2年乗って405 mi16からは降ります。
そうでもないといつまでもズルズル手放せなくなるし、ボディに手を入れないと厳しい状態になっているので逆に補強なんかしちゃうのが『クルマが可哀想』なんて思っちゃうんだよね。
ともかく、これであと2年は405 mi16と付き合う事にしました。

そして次は誰が何と言おうと前から狙っているPEUGEOT 406 coupe(当然前期型1998〜2002まで)に乗り換えます、はい、またまたAlfa Romeoじゃないですね(笑)
理想は406 coupeのボディにAlfa Romeo 164 QVのエンジンが乗ってれば最高なんだけど。。。
私が買うなら濃いブルーにタン革内装にLHDがマスト、逆にそれ以外なら買わない、406 coupeの正規モノはV6-3.0LのATのみ、でも並行なら406 SPORTと同じ2.2Lの直4エンジンに5MTなんてマニアックなのも探せばある、内装は正規モノには存在しないモケットシートだ。
よく『こ〜んずがATで満足出来るの?』なんて言われますが、私はATが嫌いな訳ではないし、406 coupeの性格上もATの方が似合うと思う、そもそも峠を攻めるようなクルマじゃないしね。

とりあえず405 mi16との蜜月をもう少しの間は楽しみたいと思う。


ポチッとお願いします
livedoor プロフィール
最新コメント
過去記事
ランキング
mailはこちらから
  • ライブドアブログ