イギリスの高級スポーツカーはこうだ!
って感じのアストンマーティン・ヴァンキッシュ

アストンマーティン V12ヴァンキッシュ-1











アストンマーティン V12ヴァンキッシュ-2











アストンマーティン V12ヴァンキッシュ-3











アストンマーチン・V12ヴァンキッシュは、イギリスの自動車メーカーアストンマーチンが製造するクーペタイプの高級車である。
V12ヴァンキッシュはDB9の上位に位置する、同社のフラッグシップスポーツカーである。また、2004年に発売された「V12ヴァンキッシュS」はアストンマーチン史上最速の車種である。
1954年に操業を始めたニューポートパグネル工場で生産されている最後の車種である。
2007年夏をめどに生産を終了し、後継車種はDBS V12となる予定。

初代(2004年-2007年)

2000年に発表、2001年のジュネーブショーに出品した後、「V12ヴァンキッシュ」が発売された。
2004年、パリサロンで高性能版「V12ヴァンキッシュS」を発表。内外装に変更が加えられ、エンジンの出力もアップした。
2007年、生産終了予定。

特徴・機構

  • ジャガー・XKの兄弟車であるDB7がベースだが、もはや原型が分からないほど手が加えられている。しかし新世代のDB9やV8バンテージと比べるとメーター類などに若干の古さを感じさせる(それでも最新のフェラーリと肩を並べられるレベルではあるが)。
  • エクステリアはDB7と同じイアン・カラムによるもの。
  • V型12気筒エンジンはフォードのデュラテックV6がベースで、ヨーロッパフォードの本社があるケルンのアストン専用工場で製造される。
  • 日本での価格は2260万円(V12ヴァンキッシュ)、2614万円(V12ヴァンキッシュS)。右ハンドル仕様のみの展開である。
  • トランスミッションは6速セミATであり、パドルシフトを装備する。
  • 通常は2シーターだがオプションで後席を装着して2+2にすることもできる。

現行モデル

  • V12ヴァンキッシュ(2001年-2004年)
    5.9L V型12気筒DOHCエンジン(450ps/56.7kgm)、6速セミAT、駆動方式はFR。
  • V12ヴァンキッシュS(2004年-2007年)
    5.9L V型12気筒DOHCエンジン(520ps/58.8kgm)、6速セミAT、駆動方式はFR。
                       WIKIより


ヴァンキッシュは【屈服させる】みたいな意味の名前で、アストンマーティンの自信が表れているのではないでしょうか。
室内はアストンならではの内装で、キルティング加工された天井の内張りや、皮の使い方等、手馴れたものですが、ヴァンキッシュはやはりそのV12のエンジンにあります。

エンジンを掛けると、外観から想像する以上の排気音が響き、周囲にその存在を主張します。
その音色はフェラーリ12気筒とはまったく違う荒々しい音なのが面白い所。

イギリスは小さなスポーツカーを得意とする一方で、こういった高級スポーツカーの歴史も長く、イタリアがマセラティならイギリスはアストンマーティンて感じでしょう。
実は結構好きなメーカーなので、これからも魅力的なモデルを作り続けてもらいたいものです(買えませんが)

正規ディーラーはこちら⇒アトランティックカーズ