35206c38.jpg

 

今回はちょっと真面目に書いてみたいと思います。

全国で絶えない交通事故、私は13年間運送業に携わり、100万キロ以上を走りましたが、その間には沢山の事故を見たり経験したりしています。

当然、死亡事故何度もしています。

それどころか、会社の前に止めた私のトラックにスクーターが突っ込み、残念ながらその方は亡くなりました。大学4年生、就職も決まっていました。

忘れもしない8月29日、午後8時過ぎでした。

おまけに私の友人と同じ大学で二人は友人だった事実も後からわかりかなり凹みました。

現在も自動車関連を職業としている自分には(しかも安全装置の製造)事故は無関心ではいられません。

 

事故1事故2

 

 

 

 

 

 

事故3事故4

 

 

 

 

 

 

事故5事故6

 

 

 

 

 

 

どうですこれ、怖いでしょ?

日本全国では何分かに一回はどこかで事故が起きています。

死亡者も年間一万人近い数字です(一万人ですよ!

車を運転する人は、エンジンをかけてアクセルを踏んだ瞬間から「事故」はいつも隣り合わせなのです。

例えば衝突安全ボディ、CMでも盛んに安全を唱えてますね。

あれってキャビン(室内)周りの剛性を上げて、それ以外の前後は脆く(簡単に言えば)作って衝突時にはその部分を潰す事によって衝撃を乗員になるべく伝えない様にしています。

だからちょっと強めのオカマなんか掘ると結構車はメチャクチャに壊れます=意外と簡単に廃車です。

あと「エアバッグ」はシートベルトをしていないと基本的に出ません。(前席)

車は電子デバイス等でどんどん進化していますが、各ドライバーが知識も含めてそれを使いこなせていないのが実情だと感じています。

それは腕が上がったかの様に錯覚させて、ヘタクソでも飛ばせてしまう事にも問題があります。

ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)ってあるでしょ、あれはスキルの低いドライバー等には有効ですが、国産のABSはロックせずにハンドル操作が可能になる代わりにほぼ間違いなく制動距離は伸びます

つまり避けられても止まりきれずに他のところにぶつかってしまう事だってある事になります

警察はスピードが「悪」の様な対応ですがそれは間違っています

飛行機・船・列車、すべてスピードUPを追いかけているでしょ?それを悪いと言う人がいますか?いませんよね。

じゃあ車はなぜダメなのか、ほぼすべての操作を人だけが行っているからです。スピードでなく人がダメなのです

一例を挙げると普段の街乗りは車の流れに乗るのが安全ですよね。

でも雪道では流れに乗らない方が安全なのです。理由は車の駆動方式やドライバーのスキルの差が雪道は極端に出るからです。

四駆はトラクション性能が高く、雪道でも結構普通に走ります、ですが止まる・曲がるはあまり駆動方式には関係ない為に(一般的なドライバーには)

普通に走ってしまう=突発的に何かが起きる=避けようとする=四駆ゆえに重量もある=慣性がデカイから曲がらない・止まらない=事故になる。

という図式が出来上がります。実際、雪国では四駆の事故率の方が高いのです。(四駆を過信しすぎる)

雪道で動けなくなるのは困るだけですが、曲がらない・止まらない命にかかわります。

現在の車は電子デバイス等でかなり安全にはなっていますが、使い方を間違えると、1トン以上の鉄の塊が走っているのですから簡単に凶器にもなります。

忘れてはいけないのは、車は運動力学以上の動きは絶対に出来ないゆう事です。安全装備は万能ではありません

ヨーロッパの道路を走るとわかるのですが、キチンと交通ルールが一般のドライバーまで浸透しています、特にドイツは市街地は50キロ規制等が徹底していて5キロオーバーでも捕まります、逆にイタリアは例外的にみんなバンバン飛ばします・笑

それは郊外の一般道でも制限速度が100キロ程度と速い(高速は140〜160キロ程度で流れています)事にも起因していると思うのですが、例えばドイツのアウトバーン等は車線変更する際の安全は後方の車両が責任を持つ様な法律になっています。「後ろの車からは車線変更したい車は丸見えなのだから、安全に入れてあげるのが義務ですよ」みたいな感じですね。

センターレーンと呼ばれる一番左側(右側通行だからね)にはトラック等は入っただけで取り締まられます。

日本の高速道路でも追い越し車線を5キロ以上走行すると違反だって知ってますか?(しっかり捕まります)

日本は自動車大国のくせに、交通ルールやマナーは先進国でも最低最悪のレベルでしかありません、これは他国の人が来日すればすぐに感じる事でもあります。非常に恥ずかしいですよね。

 

私の様な車好きはより安全で楽しく、また道具として使う人にはより安全で便利に車に乗れる様に、私も含めて今一度、本当の交通安全について考えてみませんか、誰でもいつだって簡単に加害者にも被害者にもなれるのですから。

参考サイトはこちら

交通安全マップ

http://www.kotsu-anzen.jp/

 

(財)日本交通安全教育普及協会

http://www.jatras.or.jp/

 

全国交通事故相談室

http://www.accident.car-u.co.jp/

 

交通事故発生状況 
http://www.npa.go.jp/toukei/koutuu1/home.htm

 

アクティブセーフティはこんな事もやってます(すべてのドライバーに参加して欲しいとさえ思う程非常に有効です)

ブリヂストン タイヤセーフティー ドライビングレッスン
http://www.tiresafety.jp/tsdl/gaiyou.html